*

生活


家族みんなで借金返済

前置きとして、個人が破産を申し立てるまで借金のある人への電話によった借金回収と返済者自宅への直接訪問による徴集は無法でないと考えられています。

自己破産に関する手順に進んだあと実行までに手数が費やされた場合では債権保持人は無作法な返済要求をする危険が高くなります。

債権保有人サイドとしては債務の清算もされないで加えて破産といった正式なプロセスもしないという状態だとグループ内で対応を行うことが不可能だからです。

そして、債権者の中にはエキスパートに助けを求めていないと知ると、けっこう強引な集金行為に出る企業も存在します。

司法書士団体および弁護士団体に助力を求めた場合は、各債権保持者は債務者に取り立てを行うことが許されません。

SOSを受けた司法書士の人もしくは弁護士事務所は依頼を受けたという意味の通達を各権利者に送付することになり各取り立て屋がその書類を受け取ったときから負債者は取り立て屋による危険な集金から逃れられるのです。

ここで、取り立て屋が勤務先や親の自宅へ訪れる収金は貸金業法規制法のガイドラインによって許されていません。

貸金業の登録している企業ならば親の自宅へ行く取り立てが法に反しているのを理解しているので、違法だと言ってしまえば、集金をし続けることはないでしょう。

破産に関しての手続き後は、破産者にあてた収金を入れて、集金行為は禁止されています。

ゆえに債権者からの返済要求行動がすっかり消えることでしょう。

といってもごく一部にはそのことを知っているのに訪問してくる取り立て業者もいないとは考えられません。

登録済みの企業であれば、破産に関する申請後の返済要求が法律のガイドラインに反するのを分かっているので、その旨を伝えてしまえば、取り立てを続行することはないと言えます。

ただ、裏金という俗称の不許可の業者に限っては予測外で法律無視の返済要求のせいで被害事例が増え続けているのが今現在の状況です。

闇金が債権者の中にいるときはどんな理由があれ弁護士事務所か司法書士の方などの専門家に連絡するようにした方がいいと思います。

過去の借金歴を調べてみた

週刊誌の折込チラシ、ゴシップ新聞、電柱に見かける宣伝チラシやDMなどで「負債の片付けします」「多重負債をまとめたくありませんか」と書かれた広告を目に入れることが多いです。

「整理業者」「買取人」「つなぎ屋」という名の悪徳企業の嘘広告の場合があるのです。

これらを使ったケースでは破産フローの中で最重要な免責許諾をもらえないパターンも存在します。

「整理屋」は、ダイレクトメールなどで借金のある人を集め、相当な費用をもらって債務整理をしますが結局のところ借金整頓は行われないで、債務人はより一層の借金スパイラルに陥ってしまう結末が大方と言えます。

「買取業」では債務人のカードで電化製品、旅行のチケットを多量に仕入れさせ、当人から買った品物を販売額の20%~半値で受け取るというやり方が主です。

負債者はその瞬間は金銭が得られますがいつかクレジット業者から購入物の完全な支払いが送られて来ることになり、負債額を上乗せする結果となります。

この際はカード業者に対しての犯罪ということで免責許可をもらえなくなります。

「紹介人」は大企業の貸金から拒絶されるようになった債務人に対して直接の資金提供はしないでおいて、融通をしてくれる違う会社を呼び出し、高すぎる費用を要求する業種です。

紹介屋は自分の紹介でお金を貸し出ししてもらえたように報告しますが、何もしていなくて、シンプルに審議の緩やかなサービスを説明しているというだけなのです。

この場合でも実際は債務を増やす結果となります。