*

過去の借金歴を調べてみた

週刊誌の折込チラシ、ゴシップ新聞、電柱に見かける宣伝チラシやDMなどで「負債の片付けします」「多重負債をまとめたくありませんか」と書かれた広告を目に入れることが多いです。

「整理業者」「買取人」「つなぎ屋」という名の悪徳企業の嘘広告の場合があるのです。

これらを使ったケースでは破産フローの中で最重要な免責許諾をもらえないパターンも存在します。

「整理屋」は、ダイレクトメールなどで借金のある人を集め、相当な費用をもらって債務整理をしますが結局のところ借金整頓は行われないで、債務人はより一層の借金スパイラルに陥ってしまう結末が大方と言えます。

「買取業」では債務人のカードで電化製品、旅行のチケットを多量に仕入れさせ、当人から買った品物を販売額の20%~半値で受け取るというやり方が主です。

負債者はその瞬間は金銭が得られますがいつかクレジット業者から購入物の完全な支払いが送られて来ることになり、負債額を上乗せする結果となります。

この際はカード業者に対しての犯罪ということで免責許可をもらえなくなります。

「紹介人」は大企業の貸金から拒絶されるようになった債務人に対して直接の資金提供はしないでおいて、融通をしてくれる違う会社を呼び出し、高すぎる費用を要求する業種です。

紹介屋は自分の紹介でお金を貸し出ししてもらえたように報告しますが、何もしていなくて、シンプルに審議の緩やかなサービスを説明しているというだけなのです。

この場合でも実際は債務を増やす結果となります。


コメントする