*

恋愛に臆病になってしまった時は


「犬好き」でかつ「犬タイプ」の人は、友人・知人から見て恋愛感情に関して言えばたいそうはっきりしている人だと断言できます。愛する人ができた場合、たちどころに関係する人に分かってしまうことも。
ただ女性が、男性のとりとめのない会話に気持ちを込めて耳を傾けなさい。「すごいすごい、素敵、それからどうなるの?」と身を乗り出して瞳をきらきらと輝かせながらロマンをしっかりと聞いてあげること。それだけでもいい。
不思議なことに最近では、優れたDNAを持っている若い男性は減少している。合わせて若者の精子量は減少しているらしい。こういうわけだから優秀なDNAを持つ年の離れた男性を女性は追い求める。これが年の差婚の理由。
どうやって"女性らしさ"(例えば優しさ、癒し、包容力など)を男性の心に気づかせるのかが欠かせない条件であり、それで十分なのである。魅力ある女に感じさせようとする姿を見て男性は引き込まれる。
恋愛というものは、さびしい人が感じている孤独を解消しようとする、そのような意識であり、ということは愛こそ本当の社会生活のおいて、もっと幸福に人生を送るための素晴らしい技術です。
現実的な例では、少し距離のあるとこから陥落させたい彼を呼んでみて。喜んで早足で近づいてきたり、走って近づいてきたら、少なからず好意を持っている見込みがあるに違いありません。
恋の最中の人は、論理的な思考力が落ちる場合が多い。その理由は脳は左右でいわゆる論理脳といわゆる感覚脳に役割が分かれ、夢中で恋をしてる場合は感情を受け持つ右脳が左脳よりも機能しているのが要因である。
結婚できない相手でも、同じように愛していられるのが本当の恋なのだ。別れはいつか訪れるかもしれない、そうであっても相手のことを好き、それが本当の愛というもの。
女性との交渉、成功率をアップさせるには女性を夢見心地にすることが肝心といえます。



コメントする